Home > 鳥居ヒロ ブログ > 「がん」サバイバル(生存者)のための運動療法

「がん」サバイバル(生存者)のための運動療法

 「がん」を予防するために、絶対に、毎日の運動が大切であることは、今まで述べてきましたが、「がん」と診断された経験があり、その後の人生を生きる人々、つまり、「がん」の生存者は、どんな生活をすればよいか?必ず直面する大きな問題となるでしょう。
 米国対がん協会が、2012年、第4版目の論文が発行され、日頃の運動によって、がん体験者の死亡率を改善する可能性を示すデーターが多数報告されました。日本でも大きな反響があり、医師が指示するだけの受動的な立場から、今までの自分の生活習慣を自発的に見直し、自分自身で改善する能動的な立場に変わることの大切さを知るきっかけとなりました。
 さて、「がん」生存者の運動に関する米国対がん協会のガイドラインは、次のとおりです。

ともかく、生きている以上は、1週間に150分以上の運動は、当たり前です。

ブログ一覧へ