Home > 鳥居ヒロ ブログ > 高齢者の仕事

高齢者の仕事

 日本は、いわゆる「団塊の世代」が2017年から70歳を迎え始めたことから、 総人口の占める割合が20.7%、65歳以上では、全体の約30%となりました。 その中で、高齢者の就業率も増えていき、男性が31%、女性は16.3%と上昇してきましたが、 しかし高齢者ゆえに、当然難しいところもあります。なんといっても体力の問題があります。
 そこで、私の提案ですが、少しずつ体力をつけながら、行える高齢者向けの仕事はないかということです。 高齢者世帯の消費の特徴は、健康維持や増進のための保健医療の支出が、 非高齢者世帯の約2倍と高かったというデータがあります。 つまり健康づくりに、お金を使っているということです。
 ということは、健康に役立つことを職業に選べは、一石二鳥ということになりますね。 又、職業としなくても、健康づくりの勉強を専門的にすれば、これから生きていく上で、 どれだけプラスになるか一目瞭然ですね。
 私は、この3月に、83歳になりますが、健康づくりのインストラクタ-の道を選んで 良かったとつくづく思います。私の人生の最大のヒットです。 それは、なぜかというと、自分のためだけでなく、世の中の人々のためにも、 お役にたてるからです。

ブログ一覧へ